証券会社を比較するポイント

  • 店舗型とネット型の証券会社の比較ポイント

    • 証券会社には、店舗型とネット型がありますが一番わかりやすい比較ポイントは手数料です。
      株を売買するときには取引手数料がかかります。
      株は購入した値段と購入した値段の差が利益となりますが、手数料を抑えることができると利益が多くなります。
      店舗型は取引手数料が高く、ネット型は取引手数料が安いという特徴があります。

      証券比較の情報が詰まったサイトです。

      ただし、店舗型の最大の魅力は自分の担当者がついて投資のアドバイスを受けることができますし、相談もできます。アドバイスは手数料に反映されていると考えられています。

      ネット型では相談することができませんが、担当者もつくことはありません。



      相場情報や市場ニュースなどWeb上で提供され、設定しておくと気になる株価が希望の価格に近付くとメールで知らせてくれるサービスもありますが、ネット上ではなくしっかりとしたアドバイスをもらいたいという場合には、選ぶときの比較ポイントとすることができます。証券会社を選ぶときには、頻繁に売買して小さな利益を積み重ねていく場合にはネット型がおすすめです。

      不慣れでサポートをしてもらいたい場合には店舗型を利用し、慣れてきたらネット型に移行するのもおすすめです。ネット型と店舗型には取引手数料だけでなく口座開設の日数や管理料なども比較することができます。



      ネット型の場合には口座開設する場合には3〜10日ほどかかりますが、店舗型の場合には必要な書類さえ揃っていれば即日開設することができます。口座管理料もネット証券では無料ですが、店舗型の場合には有料です。