大手と小規模の証券会社を比較してみる - 証券会社を比較するポイント

証券会社を比較するポイント

  • 大手と小規模の証券会社を比較してみる

    • 証券会社には大手から小規模まで様々ですが、大手は全国展開のサービスを提供する大型総合証券、小規模はある特定の地域のみでサービスを展開する地方の小型総合証券とします。

      証券比較の情報を知りたい方必見です。

      大型、小型の差は取扱い商品と預かり資産高、資金流通量、口座開設数とどれをとっても大型企業が勝っています。



      大型企業の強みは企業規模を活かしたサービスにあります。

      大手となると新規公開株(IPO)や公募増資で主幹事証券会社として引き受け、割り当てが多いため購入希望者が申し込めば、これらの株が入手できる可能性が高いです。

      また、組織には多くの社員がおり、投資予想や今後の相場動向など分析する部署もあります。

      経済界とのつながりも広く情報網も幅広いです。
      最近ではネット環境からトレードできるシステムを持ち、電話注文とネット注文を併用したサービスを提供しています。


      地方の小型証券会社の場合、サービス内容は少なく手数料も高い傾向が見られますが、大手と比べると個々の投資家に対するサポートがきめ細かいと言えるでしょう。
      近年はネットトレードが主流になり比較のポイントが手数料やサイトコンテンツの豊富さ使いやすさなどに集中していますが、丁寧なサポートで言えば地方の小規模な企業が良いでしょう。



      大手は機関投資家を多くリテールに持つため、小口投資家とのサービスに対して密なサービスが行われないと言われています。
      大手は投資家を比較して資産規模でサービスに差をつけているのです。
      一方で、地域の投資家を大切にするのが小規模な企業と言えるでしょう。

      大手、小規模で比較のポイントを顧客対応に置けば小規模が圧倒的にメリットが高いです。